お金

サラリーマンがすぐに始められる節税方法3つ!【実際に感じていることをシェアします】

こんにちは!yukiblogです。

某商社に勤める2年目サラリーマンです。株式投資を中心に行なっており、現在の金融資産は120万円ほどです。

今回は、そんな私が実践している、”すぐに実践出来る節税方法3つ”をご紹介していきます。

「毎月の税金が高くてガッカリしている。」

「節税をしたいけど、胡散臭い詐欺に引っかかるのは嫌だし、めんどくさいのもちょっと。。」

そんな方のお役に立てれば嬉しいです。

つみたてNISA

”現在払っている税金を減らす”というのとは少し違いますが、つみたてNISAは上手に節税しながら長期投資ができる方法の1つです。

国が推奨している制度であり、長期的な資産運用を考えている方には最適な制度です。

つみたてNISAの特徴は以下の通り。

年間40万円を上限に運用益が非課税

通常、株式や投資信託を売って儲けが出た場合、利益分に対して20.315%の税金が掛かります。

つみたてNISAでは、年間40万円/最長20年まで枠が設定されており、その枠内で発生した運用益に対しては税金はゼロです。

仮に20年投資を続け、元の800万円(40万円 x 20年)が倍になったとしても、1円も税金を取られません。
(通常、800万円の利益が出た場合は約160万円税金で持ってかれます。)

ドルコスト平均法が使える

”ドルコスト平均法”というのは、株式や投資信託を一定の金額で分散して投資する方法のことです。

一度に買うのではなく、タイミングを分散して買うことによって、値上がり時は保有資産全体が値上がり。
値下がり時は一定の額を投資する為、その分多く購入できるようになります。

ドルコスト平均法の最大のメリットは、株式の変動リスクを最小にすることが出来る点です。

投資の基本は”分散投資”と言われており、ドルコスト平均法によって資産運用のリスクを最小化しながら
あなたの資産を増やしてくれます。

少額からでも積立できる

これは銀行や証券会社によりますが、一部の証券会社では100円から積立できるようです。

「毎月3万円も積立できない」という方でも、身の丈にあったプランを設定できます。

積立の期間設定も、1ヶ月に一度という証券会社がほとんどですが、一部証券会社では毎日積立が可能です。

因みに私は、1ヶ月に一度の購入で充分だと考えています。

金融庁お墨付きの銘柄で安心

つみたてNISAで選べる銘柄は、金融庁が厳選した安全性・リスクで問題ないと判断した全191銘柄のみです。(2020年12月時点)

通常の株式や投資信託の中には、以上に価格変動リスクが高いものや、手数料が割高なものが含まれています。

そんな中でも、つみたてNISAは金融庁のフィルターをくぐり抜けた銘柄だけが含まれているので、投資初心者でも安全性が高いと言えます。

*オススメ銘柄

”投資はあくまで自己責任”ということで、最終的にはご自身で銘柄を選んで欲しいですが、今回は私が積み立てている銘柄2つをご紹介します。

①S&P500インデックスファンド

各証券会社によって名前はまちまちですが、ダウ平均と並び米国株価の指標となる、S&P500に連動するインデックスファンドです。

S&P500の構成銘柄は、定期的にスクリーニングされており、パフォーマンスの良くない銘柄が”きっちりと”落とされる仕組みになっています。

構成銘柄には、AmazonやAppleなど誰もが知っている有名企業が含まれており、少額から名だたる有名企業に投資することができます。

調べてもらうと分かりますが、これまでも年平均10%近いパフォーマンスを残しています。

②全世界株式インデックスファンド

これも証券会社によっては名前が異なりますが、基本的に米国株が50%、残りは日本を含む複数の地域の株価に連動する銘柄です。

S&P500インデックスファンドと比べると地域も分散されており、リスクも小さめになっています。

米国経済がこれまで通り成長するのであれば、S&P500の一択で間違いないのですが、足元の状況をみると世界のパワーバランスが変わる可能性もあり、米国の経済情勢が悪化したタイミングでは全世界ファンドの方が強くなります。

iDeco(イデコ)

一時期、”老後2,000万円問題”というのが頻繁にニュースで取り扱われていましたが、老後の生活には沢山のお金が必要です。

現行の年金制度では、これから年金をもらう若い世代には満足な年金を払えないと判断した国が推奨する制度がiDeco(イデコ)です。

ざっくり言うと「国はもう年金ちゃんと払えないから、自分でちゃんと年金作ってね!”分かる人には”優遇してあげるから!」

こういう制度です。(ここまでハッキリは言われていないですが、現状をよく考えれば明らかです。)

なんだか高齢者向け制度のような名前ですが、まさに若い世代の人のためにある制度です!

ポイントは大きく3点です。

掛金が全て所得控除

掛金が所得控除ってなに?

という方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に言うと”掛金(iDeco)の分だけ税金が下がる”ということです。

これは元々の所得が高い人ほど効果が高く、節税効果が高いです。

例えば、

年収が600万円で毎月の掛金が12,000円の場合、年間28,800円も節税することができます!(掛金の合計は、144,000円)

所属している企業の年金制度などによっても可能な掛金は異なりますので、事前に確認が必要です。

詳しくは、節税シミュレーションをやってみてください!

資金が60歳までロックされる

iDecoで積み立てる掛金は原則60歳までは引き出すことは出来ません。

よって、どうしても手元のお金が少ないから、掛金を引き出したい!というのも引き受けてもらえないです。

これがiDecoの最大のデメリットでありメリットです。

どうして資金をロックされることがメリットなの?という質問がありそうですが、

投資の基本は長期投資であり、長期的に見れば失敗する確率は大きく下げることが出来ると歴史が証明しているからです。
(理由はここには書きませんが沢山あります。)

自分のリスク許容度によって運用商品を自分で選べる

”リスク許容度”というのは、”自分がどれだけ短期的な値動きに耐えられるか”ということです。

つまり、「価格の上下が気になりすぎて将来の自分の財産が心配。」という方にはリスク(リターンも)の小さい定期預金を選ぶこともできます。

逆に「ある程度、短期的なリスクは気にしないから長期で運用したい」という方には、複数の投資信託があります。

ふるさと納税

最近はだいぶ身近になってきましたが、ふるさと納税はサラリーマンが一番簡単に節税できる方法の一つです!

しっかりと理解しようと思うと少し複雑ですが、重要なのはこれだけ。

「自己負担2,000円ポッキリで沢山の返礼品が貰える制度」

どんな人でもサラリーマンとしての給料レベルであれば、誰でも自己負担2,000円のみで好きな返礼品を貰うことができます!

ポイントは以下の3点です。

寄付金額が自己負担2,000円を除き控除に

厳密に言うと、所得税と住民税の2つの控除があるのですが、基本的には”2,000円の自己負担だけであとは翌年以降に戻ってくる”という理解でOKです!

年間たった2,000円を負担するだけで、沢山の返礼品を貰うことができます。

例えば、年収600万円の人の場合、年間約77,000円まではふるさと納税の枠を使うことができます。

*住宅ローン控除や家族構成等で使える枠は変わってきますので、詳しくは控除上限額シミュレーターで確認するようにしてください。
また、控除シミュレーターもあくまで目安なので、シミュレーションの金額よりは少なめに収めることをオススメします。

返礼品が豪華

ふるさと納税の返礼品はそれぞれの地域の特産品であることが多く、普段は食べられないようなものも沢山あります!

ちなみに、あくまで一例ですが上述の77,000円だとこんなものが貰えます!

・宮崎県都農町/うなぎ5尾(計800g以上):24,000円
・神奈川県南足柄市/ビール アサヒスーパードライ 350ml 24本1ケース:16,000円
・兵庫県加古川市/神戸牛赤身すき焼き500g:20,000円

これ全部もらって、たったの2,000円です!

普通に考えたら、使わない理由が見つかりません。

控除されるのは翌年以降

ふるさと納税の唯一の欠点は、”税額控除されるのは翌年以降である”という点です。

つまり、ふるさと納税の支払いをするのは今年だとしても、控除されるのは来年以降ということです。

お得なのは間違いないのですが、「まず手元の現金があまりない。」「来年にならないと戻ってこないのは厳しい」

という方には難しいかもしれません。

*注意点

12月になるとふるさと納税の駆け込みが起こるのですが、クレジット決済の場合は支払日が当年中である必要があります。

例えば、2020年12月にふるさと納税を申し込んだとしても、カードの引き落としが2021年1月だったら、2021年にふるさと納税をしたことになります。

このあたりは知らない方が多いようですので、ご注意下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した方法はすぐにでも始められる方法ばかりだと思います。

口座開設などには時間がかかるものもありますので、年明けを気持ちよく過ごす為にも年内中にやってしまいましょう!

今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

おわり

-お金

© 2021 yukiblog Powered by AFFINGER5